2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
三蔵「…岩から尻が生えている」
[8] -25 -50 

1:ヨシュア ◆.frSdr10QQ:2013/6/28(金) 01:13:20 ID:clfaSnFbdM
尻「…はっ!!誰か居るのですか!?」

三蔵「見たところ20代そこらか。いや、肌の張りからすると、17、8かな」

尻「ああ…こんな人里どころか鳥の声さえ聞こえない不毛の地に、とうとう人が…!しかも声から察するに殿方…!」

三蔵「しかし無駄に毛深いな」

尻「ついに…ついにメチャクチャにされちゃうんですね…!この通りすがりの名も知らぬ殿方に性の捌け口にされちゃうんですね私のお尻…!あと毛深いとかヒドイ」

三蔵「うるさい尻だな…いくら仏の教えとはいえ、こんなのも助けるべきなのか…?」

尻「仏の教え…?僧侶さま…なのですか?」

三蔵「うむ。僧だよ。玄奘三蔵。…それにしても毛深いな…特に尻のあ」

尻「やめて!!…こ、これは失礼をしました…!仏に仕えるお方は、そのような煩悩は無いのですね!」

三蔵「いや俺ロリコンだから。女は10歳以下しか認めない」

尻「おい」

三蔵「下の毛とか意味わかんない」

尻「おいこら」


2:ヨシュア ◆.frSdr10QQ:2013/6/28(金) 02:34:57 ID:d94KxDYQi2
尻「ふわぁ…!岩が砂に…!」

三蔵「嫌に面倒な封印だったな。術者の性格悪そー」

尻「ふわぁぁ……」

三蔵「…おい毛尻、羽織っとけ」バサッ

尻「わぷ。…あ、私裸ん坊…」

三蔵「目の毒だ」

尻「……なんだかんだ言っても、僧侶さまも男なんですね」

三蔵「いやマジで気持ち悪くなる。おっぱいが気持ち悪い。おおきい。キモい」

尻「そこまで!?」

三蔵「ところで毛尻、なんでまたこんなとこに封印されてたのよ」

尻「そ、それは……てか何ですか毛尻って!私には孫悟空という立派な名前がありますっ!」

三蔵「何ですかって、尻にビッチリ毛がモジャってるから毛尻」

悟空「そこの説明は求めてません泣くぞ」

三蔵「悟空……?その火のような紅い眼……まさか伝説の斉天大聖…?」

悟空「…あ〜……知られてますよねそりゃ……あはは…」

三蔵「17、8歳どころか、ババアかよ」

悟空「泣きますよ?」
3:名無しさん@読者の声:2013/6/28(金) 11:30:08 ID:An6zq3r.pE
おもしろい
つCCC円
4:名無しさん@読者の声:2013/6/28(金) 15:02:08 ID:kicSI8Q9o2
なぜか気になる
5:ヨシュア ◆.frSdr10QQ:2013/6/28(金) 17:06:53 ID:VghCuEkDg.
観音『…聞こえますか、三蔵法師……そして、石猿よ…』

悟空「ふぁっ!?か、観音さまっ!?」

三蔵「…観世音菩薩」

観音『…三蔵法師よ…よくぞこの不浄なる妖を救いましたね……釈尊と見紛うその徳、見事です…』

三蔵「見るに堪えないキモさだったからね」

悟空「私のこと嫌いですね?」

観音『…石猿よ……法師の慈悲に感謝しなさい……そして師と仰ぎ、徳を積むのです……天界をシッチャカメッチャカにした大罪、それにてなんとかギリ、赦しましょう…』

三蔵「シッチャカメッチャカ言うたぞ菩薩が。しかもギリて。お前すげえな」

悟空「わ、わ、若気の至りと言うか黒歴史と言うか、うう…」

観音『…玄奘三蔵法師よ……石猿…いえ、孫行者を、よろしく頼みます……』ガチャッ ツーツー

三蔵「…ガチャ?」

悟空「観音さま…ありがとうございます…!」

三蔵「よろしく…って。え〜……」

悟空「…あ、あの」

三蔵「なにお前、ついてくんの?」

悟空「は、はい!許されるならばっ!!うわあ嫌そうな顔」

三蔵「…なんなんだよ、天竺行けっつったり毛尻つれてけっつったり……ムチャ振り大好きか天界は……わーったよ、やりゃ良いんでしょやりゃ…」

悟空「ありがとうございますっ、僧侶さ…いえ、お師匠さま!!この孫行者、観世音菩薩の導きに従い、お供致します!天下無双の怪力に、変幻自在の術数、必ずやお師匠さまのお役に立ってみせます!!」

三蔵「………あー、うん…」ジロジロ

悟空「お、お師匠さま…そ、そんなジロジロと見ないで下さい……羽織り一枚しか、私…」

三蔵「……マジで苦行だわ……はぁ…」

悟空「いくら私でも傷付くんですけど」
6:ヨシュア ◆.frSdr10QQ:2013/6/28(金) 22:02:31 ID:5liGDbiY1w
三蔵「…で、お前は何が出来んの」

悟空「なにって…えと、つ、強いですよ!」

三蔵「毛根が?」

悟空「ねえ毛から離れませんか?」

三蔵「なんかやってよ、妖術」

悟空「そんな宴会芸みたいに……じゃあここは私の代名詞的なこれを…!觔斗雲の術っ!!」

三蔵「おお、雲が」

悟空「どっ…うですかっ?す…っごいで、しょっ?天っ界っ、ですらっ…これで、ひとっ、飛びっ」

三蔵「それ俺も乗れんの?」

悟空「あ、いやっ、生身のっ、人間さんはっ、ちょっとっ」

三蔵「使えねぇ〜」

悟空「お師匠さまぁ、そんなあっ」

三蔵「……で、なんでお前はさっきから宙返りしてんの?」

悟空「えとっ、トンボ返りっ、してないとっ、雲がっ、消えちゃい、ましてっ」

三蔵「なんつー体育会系な術だよ」



悟空「じゃ、じゃあこれです!ん〜…摂法!!」

ビュオオオオオッ

三蔵「おお、風が」

悟空「どうです!これぞ風を吸い込み暴風を起こす摂法の妙技…きゃあっ!?」

ビュオオオオオッ

悟空「あー!!羽織がっ、羽織がっ!!」

三蔵「…………」

悟空「あぁぁ…」

三蔵「……俺の羽織」

悟空「あうぅ……」
7:ヨシュア ◆.frSdr10QQ:2013/6/28(金) 22:03:37 ID:5liGDbiY1w
三蔵「…うん、もうわかった。もういいよ」

悟空「諦められてる!?……く、こうなったら奥の手…!!」

三蔵「いや、マジでもういいから、替えの服でも調達に」

悟空「…変化っ!!」ボワン

三蔵「……!!」

ロリ悟空「…ど、どうです?お師匠さまの大好きな、8歳前後の体躯!!お胸もペッタンコ!!」

三蔵「…お、お、お前……」

ロリ悟空「や、ちょっとお師匠さま…目が、目が恐ぁい…」

三蔵「下…」

ロリ悟空「した?」

三蔵「……行者。これを」

ロリ悟空「…?綺麗な輪っか…」

三蔵「…緊箍児、という。頭につけなさい」

ロリ悟空「…きんこじ?はぁ……はい、つけました、けど」

三蔵「…『緊箍呪』」

ロリ悟空「ぎにゃぁぁぁぁあ!!?頭が!!頭が割れるよぉにいいぃぃ!!?」

三蔵「ロリ体型に下の毛モジャモジャとか、夢に出るわ!!今すぐ戻らねぇと頭絞め潰すぞゴルァ!!」

ロリ「しょ、しょんなっ!!うにゃぁぁぁぁあ!!!」
8:ヨシュア ◆.frSdr10QQ:2013/6/29(土) 23:21:51 ID:VOajUIbaW6
三蔵「ほれ、きりきり歩け、弟子」

悟空「う〜、弟子使い荒ぁい…」

三蔵「天下無双の怪力なんだろ。そのくらいの荷物くらいで弱音吐くな」

悟空「そりゃこれくらい何でもないですけどぉ…封印が解けた途端、お腹空いてお腹空いて…」

三蔵「人里に下りんことにはなぁ、この岩山じゃ、木の実ひとつ……もう自分のムダ毛でも食ってろよ」

悟空「お師匠さま、言葉は時に刃と化すんですよ?」

妖怪「ぐるぁぁぁぁぁぁあっ!!」

三蔵「俺の刃は切れ味バツグンだろう?はっはっは」

悟空「私のピュアハートは切り刻まれてヴィンテージジーンズみたいになってますよ」

妖怪「ぐるぅぁぁぁぁあ!!ぐぅわぁ!!」

三蔵「値段が跳ね上がるな。も少し切っとくか」

悟空「やり過ぎると半ズボンになっちゃうからやめて」

妖怪「ぐるぁぁぁぁあ!!ぐるるぁぁあってばぁ!!!」

三蔵「ところで悟空、パンツ派?スカート派?」

悟空「スパッツ派です」

妖怪「無視すんなテメエらっ!!!」

三蔵「…うるさいなあ、用があるならそれなりの態度をとれよクズが。こっちだって時間を肥溜めに捨てるほど暇じゃねぇんだよカスが」

悟空「急に『ぐるあー』なんて叫ぶ人なんて、普通無視しますよ、関わっちゃいけないタイプですよ、黄色い救急車のお迎えでも待ってて下さいよ」

妖怪「言葉は時に刃と化すねホント!!」
9:名無しさん@読者の声:2013/6/29(土) 23:33:57 ID:j.KD4f/ouc
おもしろいw
CCC
10:ヨシュア ◆.frSdr10QQ:2013/6/29(土) 23:58:04 ID:jz4VLVWnxQ
三蔵「…で、なんの用だよ。追い剥ぎなら残念ながらお金は渡したくないのでお引き取り願います」

悟空「町で服とかご飯とか買わなきゃいけないんでお引き取り願います」

妖怪「うるせぇよ!それで引き下がる追い剥ぎは追い剥ぎ向いてねぇから辞めちまえよ!……と、そんなことは別に良いぜ、俺様の狙いは金なんかじゃねえ」

三蔵「…まさか……!?」

妖怪「へへへ…」

悟空「わ、私の身体が目的!?そ、そうよね…こんなボンキュッボンのセクシーダイナマイツが全裸でそのたわわなボディを揺らして歩いてたら、そりゃあ世の健康な殿方は獣欲に支配されてむさぼるように私をっ」

三蔵「うわぁ趣味悪いなーお前。友達になれんわー」

妖怪「違ぇよ!!もうなんなのお前ら!?頼むから少しは危機感持てよ!!」

三蔵「じゃあなんなんだよ早く言えよウゼェよ」

悟空「そしてその猛りに猛った劣情の塊を見せつけられた私は為す術もなくただただ運命を呪いながら」

妖怪「…なんでこっちが怒られて……あとそこの猿女黙らせろ。…ゴホン。テメェ玄奘三蔵さんだろ?俺ら妖怪の中じゃ、かなりの有名人だぜぇ…?その肉を喰らえば、不老不死の体が手に入るって噂だぁ……くくく、俺様にもツキが回って来たぜぇ…」

三蔵「なにそのハタ迷惑な噂」

妖怪「悪く思うなよ三蔵さんよぉ…ヒョロっちくて不味そうだが、そこは我慢してやるぜぇ、へへへ」

三蔵「バッカ野郎ヒョロくねぇし細マッチョだし脱いだらスゲェし」

悟空「……ねぇお師匠さま」

三蔵「…ん?どうしたションベンか?」

悟空「デリカシーってなんだろう。そーじゃなくて、なんで不老不死になれるからって、お師匠さまを食べようとしてるの?あの人」

妖怪「…はぁ?この女なに言ってやがんだ?」

悟空「だってですよ、不老不死ななりたいなら、チョロッと閻魔さんの所に行って、チョチョイッと閻魔帳にある自分の名前を消せば良いハナシじゃないですか。わざわざ争う事もないですよバカらしい」

妖怪「……え」

三蔵「悟空悟空、そんなこと言っちゃダメだぞ。アイツを見てみろ、妖怪だとは名乗ってるが妖術や仙術はおろか、法力の欠片も無いザコだ。戦闘力たったの5、ってとこだ。そんな奴が閻魔様になんか近付けるわけないだろ?」

悟空「あー、あー。す、すみません妖怪さん、ちょっと私基準で考えちゃいましたぁ。テヘッ」

妖怪「………」

三蔵「あーゆー『持たざる者』は、他者から奪う事しか出来ないんだから、優しくしてやんなきゃ。仏の心ですよ、孫行者よ」

悟空「勉強になりますお師匠さま!愚かさを認めてあげるんですねっ!」

妖怪「て、て、テメェらぶっ殺す!!!」
925.30 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字





information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/