2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
小さいころ神様と遊んだ話をする
[8] -25 -50 

1:名無しだぜひゃっほう!:2016/1/30(土) 20:47:54 ID:W0t3y1JjZQ
つい最近思い出すこともあって久しぶりに振り返ってみたい。暇だったら聞いていってくれ

これは自分が小学生の頃の話。当時親の都合で今住んでる場所に引っ越してきたんだけど、当時シャイなあんちくしょうだった俺は中々周りに話しかけられず、友達がいない日が続いてた。もちろん小学校なんてちょっと目立てばすぐに人気者になれるんだけど、昔は人に話しかけるのとかすごく恥ずかしかった。だから小学校が終わったらすぐに家に帰ってた
ある日の休日。俺は散歩がてらブラブラしてたら近所に神社があるのを発見した。人に話しかけるのが苦手なくせに好奇心だけは人一倍高かったから早速入っていったんだ

神社の中は…まぁ、普通。境内があって、神社があって、まぁ、多分皆が想像してる通りの神社だと思う。でもなんかこう…小さいながらになんか雰囲気が違うみたいなことは感じられたんだよね。それで五分くらいかな?しばらくぼーっとしてたんだよね。そしたら声をかけられたんだよ

もう当時の俺はびっくり仰天。下手したら漏らしてたかもしれないくらいにびっくりしたのだけは覚えてる


2:名無しだぜひゃっほう!:2016/1/30(土) 20:53:20 ID:HPdjA0u41Y
つC
私もありますよー
3:名無しだぜひゃっほう!:2016/1/30(土) 20:55:55 ID:W0t3y1JjZQ
振り返ってみたら、小学校三年生くらいかな?男の子がそこに立ってた。白いふわふわした服着てて(後で調べてみたら陰陽師が着てるアレだと分かった)俺のことを興味深そうにじろじろ見られてた

「君・・・誰?」
「へうっ!?え、えっと…」
当時の俺は突然現れたな謎の少年にびっくりしてまともに声を出せなくて、なんやかんやぼそぼそ喋りながら逃げるように神社を後にした気がする。本当はどこから来たとか会話してたような気がするが、そこまで正確に思い出せないから多少ねつ造するけど許してもらいたい

その件から何となくその神社に近寄らなくなったんだけど、三日後に行ってみたら、やっぱり男の子がいた
4:クワガタ:2016/1/30(土) 21:03:22 ID:oU/r/XbKs2
樹|Σ_Σ)
木|`・ω・)神様を信じてる俺には良いスレ
だ| つ旦つC
!|―ωJ

5:名無しだぜひゃっほう!:2016/1/30(土) 21:04:36 ID:W0t3y1JjZQ
>>2
ありがとうございます。意外と自分と似たような経験した人いるのねwww

男の子は俺に気付くと手を振ってくれた。そして近寄ってきてくれると
男の子「やぁ、またきたんだ」
俺「覚えてくれてたんだ…」
男の子「うん。なんか変だったし」
こんな感じで会話して、その時はまだ緊張してたしまともに目とかみれなかったけど、少なくとも同年代の子と一番長く話せたんだよね
男の子「何しに来たの?探検?」
俺「いや…えっと…散歩?君は?」
男の子「僕は…何だろうね。分かんない」
こんな風に向こうの質問に答えて俺の質問ははぐらかされる。一言でいえば不思議な奴だった。どこにでもいそうな奴なのに、なんか不思議な感じがするって思った
男の子「名前」
俺「へ?」
男の子「名前。君の」
俺「あ…俺っていうんだけど」
男の子「ふーん。俺か…僕はスイ(どんな漢字書くのか分からなかったけど、多分翠だと思う)っていうんだ」
俺「そうなんだ…」
そんな感じでお互いの名前を教えてその日は解散。なんとなく母親とかには秘密にしていた
6:名無しだぜひゃっほう!:2016/1/30(土) 21:12:12 ID:W0t3y1JjZQ
その日からちょくちょく神社に行くようになった。俺はが到着する頃にはすでにスイはいて、何をするわけでもなくぼーっとしていた。スイは俺に気付くと、いつも微笑んで迎えてくれた。当時は微笑みどころか俺を迎えてくれる同年代なんて誰一人としていなかったからすごく新鮮な気分だった。スイとは気が付いたら仲良くなって、お互いに友達だと呼べるくらいだったと思う
スイ「ねぇ。俺」
俺「何?」
スイ「俺の家族ってどんな人?」
俺「そうだなぁ…(なんて言ったか覚えていないが、確か父親の悪口を言っていたような気がする)」
こんな風にスイはよく俺の家族とか、普段どんな事をしているのか聞いてきた。それに対して俺は年相応に答えてた。でも逆にスイは自分のことについては全く話してくれなかった。質問しても答えたくないの一点張りで、あまりにしつこく聞きすぎてすごく冷たい声で帰れって言われてからは聞くことはなくなった。今思えば自分のことを人間に話すのはタブーだったのかもしれないが
7:名無しだぜひゃっほう!:2016/1/30(土) 21:19:11 ID:W0t3y1JjZQ
>>4
夏になったらきをつけろ。わんぱく共がお前を捕獲しにかかるぞ

スイと知り合ってから二週間が経って、その頃には学校が終わったら神社にまっすぐ向かうっていうのが俺の中で日課になってた
スイ「俺って暇なの?毎日ここにきてるけど」
俺「暇…だと思う」
スイ「友達いないの?」
俺「・・・いない」
スイの言葉は幼いながらも俺の心にぐっさり突き刺さった。こうやってはっきり他人に言われたのは初めてだから、泣きそうになったのを覚えてる
スイ「僕が思うに俺はもう少し積極的に行くべきだと思うよ」
俺「積極的?(当時の俺。積極的の意味なんてわからんwww)」
スイ「僕と話すみたいに、もっと自分の意見を言ったりするってこと」
俺「出来ないよ…スイは…その、友達だからできるけど…」
スイ「僕が友達?」
俺の言葉にスイが驚いたようにしてた。それから目を閉じて「僕が…友達…」っていう風に呟いてた。その時はなんだか気まずくなりそのまま帰った

8:名無しだぜひゃっほう!:2016/1/30(土) 21:21:14 ID:kHOxUTrtmg
みてるず
9:名無しだぜひゃっほう!:2016/1/30(土) 21:23:17 ID:0Io2Fedw7A
なんだこの不思議な感じ
10:名無しだぜひゃっほう!:2016/1/30(土) 21:26:02 ID:W0t3y1JjZQ
翌日。神社に行くなりスイに詰め寄られた
スイ「ねぇ。俺」
俺「な、なに…?」
スイのただならぬ気配にビビる俺
スイ「僕と君は友達なんだよね?」
俺「え?う…うん…」
スイ「そっか…僕は君の友達か…」
スイは俺から確認を取ると、嬉しそうに笑った。スイが初めて人っぽい顔を見せた瞬間だった
俺「な、なんだよ…今更…」
嬉しそうに笑うスイに俺も笑みがこぼれる。この日を境に俺たちはドンドン仲良くなっていった
24.93 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字





information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/