2chまとめサイトモバイル 掲示板
歪世界トレイン
[8] -25 -50 

1: ◆e.A1wZTEY.:2017/4/30(日) 20:25:16 ID:4iSJ1d7xp2

乗客Yx1

戸野 千織(トノ チオリ)

目が覚めたらそこは、走る列車の中だった

2: ◆e.A1wZTEY.:2017/4/30(日) 20:27:44 ID:4iSJ1d7xp2

千織(・・・あれ、いつのまに電車なんて乗ってたんだろ・・・)

電車に乗る前の記憶が全くない

千織(無意識のうちに乗ってたのかな・・・。でも、これ何線だろう)

通学に使う山手線や総武線とは似つかない、一面茶色の車両

窓から見えるのは、真っ黒な景色

3: ◆e.A1wZTEY.:2017/4/30(日) 20:30:40 ID:4iSJ1d7xp2

千織(なんか、やばいかも・・・)

ぼんやりした目覚めの感覚から、徐々に危機の意識が湧いてくる

スマホを取りだし時間を見ると、午前 2時3分の表示

千織(ありえない、こんな時間に電車に乗ってるなんて)

他に乗客が数人いるが、皆うつむき表情が見えない

4: ◆e.A1wZTEY.:2017/4/30(日) 20:34:44 ID:4iSJ1d7xp2

ピーッ

千織「!?」

前方のドアが開き、奥から1人の男性が姿を現した

帽子を目深にかぶり、手を後ろに組んだままこちらに歩み寄ってくる

千織(車掌さんだ・・・!)

風貌をみるに、車掌のようである

無意識に安堵し、保護されたような気分になった

5: ◆e.A1wZTEY.:2017/4/30(日) 20:38:39 ID:4iSJ1d7xp2

千織「あっ、あのっ」

思わず話しかける

千織「これってなんていう電車ですか?すみません、知らないうちに乗ってしまっていて・・・」

車掌「・・・」

千織「あ、あの・・・?」

車掌「・・・電車ではありません」

千織「え?」

6: ◆e.A1wZTEY.:2017/4/30(日) 20:41:50 ID:4iSJ1d7xp2

車掌「電気で動いておりません。この列車は、全て精力を燃料にしております」

千織「せ、せいりょく・・・?」

車掌「お客さま、乗車券を拝見いたします」

男はすっと手を差し出した

千織「あっ、えっ、えっと・・・」

あわててポケットに手をつっこむと、乗車券らしきものはなかったが、財布があるのを確認できた

7: ◆e.A1wZTEY.:2017/4/30(日) 20:46:09 ID:4iSJ1d7xp2

千織「あの、乗車券持ってなくて・・・。現金でもいいですか?」

車掌「現金でのお支払いはお受けしておりません」

千織「そ、そうなんですか!?どうしよう・・・suicaならあるんですけど」

車掌「・・・」

男は小さく息を吐いた

車掌「お客さま、どこからお乗りですか?」

千織「ご、ごめんなさい、覚えてないんです・・・。住んでるところは東京の荒川区なんですけど・・・」

車掌「・・・わかりました」

8: ◆e.A1wZTEY.:2017/4/30(日) 20:50:25 ID:4iSJ1d7xp2

男は白い手袋をはめた手を伸ばし、優しく千織の髪にふれた

千織「え・・・?」

車掌「今回は、乗車賃としてこれを頂きます」

千織「へ・・・?あ、あの」

車掌「もう二度と、この列車に乗ることがありませんように。その時は、お送りできる保証はありませんので」

千織「・・・!?」

ふわりと風が吹き、一瞬、帽子の奥から男の瞳が見えた

――それと同時に、千織は気を失った


9: ◆e.A1wZTEY.:2017/4/30(日) 23:51:44 ID:8vQGUW9sCM


乗客Yx2

沖 恭太(オキ キョウタ)


10: ◆e.A1wZTEY.:2017/4/30(日) 23:53:44 ID:8vQGUW9sCM

恭太「――ちおちゃん!?!?」

千織「お、おはよう」

恭太「か、か、髪どうしたの!?なんか嫌なことでもあった!?」

千織「ううん、何もないよ。イメチェンしたかっただけ」

恭太「だ、だって、小学校のころからずっとロングだったのに」

千織「どうせ似合ってないですよーだ」

恭太「そんなことないよ!ボブのちおちゃんも超カワイイ!!」

千織「もー恥ずかしいからやめて」

239.43 KBytes

名前:
sage:



[1] 1- [2]  [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字



information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/